Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ドラクエX」のチート行為で処分 - 「情報拡散も重大な問題」

スクウェア・エニックスは、オンラインゲーム「ドラゴンクエストX」におけるチート行為へ処分を行った。すでに20アカウントに対して処分を行い、今後警察へ相談する方針だという。

不正行為を行い、処分を受けたプレイヤーが、不正行為の内容をインターネット上で公表したことを受け、対応を示したもの。不正行為へ関与した20アカウントへ対処したほか、さらなる調査を進めるとしている。

今回の不正行為に加え、処分を受けたユーザーが情報を拡散した行為について「重大な問題」であるとの認識を示し、同社では今後警察に相談する方針。チート行為がゲーム上のルール違反にとどまらず、違法行為として処罰される可能性もあるとして警告を発している。

また出回っている話題には多くは虚偽情報が含まれると指摘。情報を安易に信頼しないよう呼びかけた。今回のケース以外にも、ゲーム関連ツールやチートツールに見せかけ、マルウェアを配布するケースが、これまでもセキュリティベンダーによってたびたび報告されており、注意が必要だ。

(Security NEXT - 2015/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

水道メーター取替業務の一部伝票が所在不明に - 門真市
メアド記載のメールを複数団体に送信、メール再利用で - 佐賀県
「Firefox 125.0.1」をリリース、脆弱性15件を修正
再委託先における2023年2月のランサム被害を公表 - 国交省
「PAN-OS」脆弱性の詳細や悪用コードが公開済み - 攻撃拡大のおそれ
募金サイトで他人クレカ番号による少額寄付 - 利用できるか確認か
「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
Oracle、「Java SE」に関する脆弱性13件を修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - のべ441件の脆弱性に対応
メール誤送信で横断幕掲示応募者のメアド流出 - 飯塚オートレース場