Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PowerDNSの権威DNSサーバにDoS攻撃のおそれ

オープンソースのDNSサーバ「PowerDNS」にリモートからDoS攻撃が可能となる深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。開発元であるPowerDNS.COMや関連機関が注意を呼びかけている。

権威DNSサーバである「PowerDNS Authoritative Server」の「同3.4.4」から「同3.4.6」までに、脆弱性「CVE-2015-5311」が存在することが判明したもの。パケットの解析処理に問題があり、特定の問い合わせを処理した際にクラッシュするという。

PowerDNS.COMでは、脆弱性の修正版「同3.4.7」や修正パッチを用意。リモートより攻撃が可能であり、同社や日本レジストリサービス(JPRS)では注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
12月のDDoS攻撃、前月比29件増 - IIJ調査
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
北朝鮮グループ「Lazarus」が悪用する10種類のツール
11月のDDoS攻撃、件数減少の一方で大規模攻撃も - IIJ調査
米連邦政府機関に「SolarWinds Orion」製品の遮断命令
DNSサーバ「NSD」「Unbound」に脆弱性 - アップデートが公開
前月比1.5倍のDDoS攻撃を観測 - IIJ
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か