Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PowerDNSの権威DNSサーバにDoS攻撃のおそれ

オープンソースのDNSサーバ「PowerDNS」にリモートからDoS攻撃が可能となる深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。開発元であるPowerDNS.COMや関連機関が注意を呼びかけている。

権威DNSサーバである「PowerDNS Authoritative Server」の「同3.4.4」から「同3.4.6」までに、脆弱性「CVE-2015-5311」が存在することが判明したもの。パケットの解析処理に問題があり、特定の問い合わせを処理した際にクラッシュするという。

PowerDNS.COMでは、脆弱性の修正版「同3.4.7」や修正パッチを用意。リモートより攻撃が可能であり、同社や日本レジストリサービス(JPRS)では注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DNSサーバ「BIND」に6件の脆弱性 - アップデートがリリース
EGセキュア、クラウド型WAFサービスを提供 - CMS向け設定や国別フィルタも
7月のDDoS攻撃、前月から微増 - IIJレポート
「PowerDNS Recursor」の「protobuf」処理にサービス拒否の脆弱性
サービス終了した「Visionalist」のタグ、約800サイトに残存 - 一時水飲み場攻撃と同じスクリプトも配信
国内主要上場企業の約半数がDMARC導入 - 対象ドメインの12.1%
「BIND」の「DNS over HTTPS」に脆弱性 - DoS攻撃のおそれ
クラウド処理を活用、「PAN-OS 10.2 Nebula」をリリース - パロアルト
「BIND 9」に複数の脆弱性 - サービス拒否やキャッシュ汚染のおそれ
広島県にDDoS攻撃 - 県や市町のウェブ閲覧や防災メール配信に影響