Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバー法人台帳に自治体のURLやメアドなど追加 - 運営SNSも

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は、地方公共団体1788団体のサイトURLやメールアドレスのドメイン名などを調査し、サイバー法人台帳「ROBINS」で公開した。

サイバー法人台帳ROBINSは、企業に関する名称や住所、サイトURL、メールアドレスのドメインなど基本的な情報を第三者が確認し、信頼できる情報として公開しているデータベース。キーワードや詳細条件から誰でも企業情報が検索できる。

今回、同協会が調査した地方公共団体1788団体の基本情報をデータベースに追加した。住所や電話番号のほか、サイトURLやメールアドレスのドメイン、運用しているSNSのURLなども含まれる。

(Security NEXT - 2015/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ含む脆弱性60件に対応
公共機関装うSNS上の偽アカウントに注意 - DMでフィッシングサイトに誘導
Mozilla、ブラウザ最新版「Firefox 92」をリリース - 脆弱性6件を修正
MS、ブラウザ「Edge」最新版を公開 - 独自5件含む24件の脆弱性を解消
通販サイトに対する21回のPWリスト攻撃を検知 - セシール
JIPDEC、YouTubeチャンネル「デジタルトラストチャンネル」を開設
モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン
富士通のプロジェクト情報共有ツール、129組織で情報流出
MSが月例パッチ公開 - 複数ゼロデイ脆弱性を修正、一部で悪用も
フィッシングサイトが増加 - 1カ月あたり8000件超、過去最多