Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバー法人台帳に自治体のURLやメアドなど追加 - 運営SNSも

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は、地方公共団体1788団体のサイトURLやメールアドレスのドメイン名などを調査し、サイバー法人台帳「ROBINS」で公開した。

サイバー法人台帳ROBINSは、企業に関する名称や住所、サイトURL、メールアドレスのドメインなど基本的な情報を第三者が確認し、信頼できる情報として公開しているデータベース。キーワードや詳細条件から誰でも企業情報が検索できる。

今回、同協会が調査した地方公共団体1788団体の基本情報をデータベースに追加した。住所や電話番号のほか、サイトURLやメールアドレスのドメイン、運用しているSNSのURLなども含まれる。

(Security NEXT - 2015/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
三菱電機への不正アクセス、中国子会社での窃取情報を起点に攻撃展開
松井証券で顧客資産約2億円が不正引出 - 長年業務に携わる委託先SEが権限悪用
VPN経由で不正アクセス、職員情報が流出 - 海洋研究開発機構
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
電子決済サービスのセキュリティリスクを評価するサービス - NRIセキュア
MS、3月の月例セキュリティ更新を公開 - ゼロデイ脆弱性にも対応
INPIT委託先で「Emotet」感染 - 使用許可取消後のテレワーク端末で