Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

11月のMS月例セキュリティ更新は12件 - 49件の脆弱性を解消

日本マイクロソフトは、月例セキュリティ更新12件を公開した。CVEベースで重複を除く49件の脆弱性を解消した。いずれもゼロデイ攻撃などは確認されていない。

20151111_ms_001.jpg
11月のセキュリティ更新(表:日本マイクロソフト)

最大深刻度が、4段階中もっとも高い「緊急」のセキュリティパッチは4件。「MS15-112」は、「Internet Explorer」の累積的な脆弱性25件へ対応するアップデート。また「MS15-113」では、これらのうち「Microsoft Edge」に対して影響がある4件の脆弱性を修正した。

「MS15-115」では、リモートでコードが実行されるおそれがあるWindowsのカーネルメモリやグラフィックスメモリの脆弱性を修正。情報漏洩につながる脆弱性「CVE-2015-6109」についてはすでに公開されているという。さらに「MS15-113」として「Windows Journal」の脆弱性へ対応した。

のこる8件のセキュリティ更新は、いずれも深刻度「重要」。「MS15-116」では「Office」の脆弱性を修正したほか、「MS15-117」「MS15-118」
「MS15-119」にて、それぞれ「NDIS」「.NET Framework」「Winsock」で特権の昇格が生じる脆弱性を解消した。

(Security NEXT - 2015/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
Zohoのアクセス管理製品にあらたな脆弱性 - 6月判明の脆弱性はすでに攻撃対象
PHPテンプレートエンジン「Twig」に脆弱性 - 「Drupal」にも影響
「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性
機密情報管理の「HashiCorp Vault」に脆弱性 - アップデートを
「PHP 8.1.11/7.4.32」が公開に - 複数の脆弱性を解消
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処