Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

11月のMS月例セキュリティ更新は12件 - 49件の脆弱性を解消

さらに「MS15-120」で「IPSec」におけるサービス拒否の脆弱性を修正。「Schannel」におけるなりすまし、「Kerberos」におけるセキュリティのバイパスへそれぞれ「MS15-121」「MS15-122」で対処。また「MS15-123」では「Skype for Business」「Microsoft Lync」における情報漏洩の脆弱性を解消した。

同社が今回の更新で修正した脆弱性は以下のとおり。

・MS15-112

CVE-2015-2427:Internet Explorerのメモリ破損の脆弱性
CVE-2015-6064:Microsoftブラウザーのメモリの破損の脆弱性
CVE-2015-6065:Internet Explorerのメモリ破損の脆弱性
CVE-2015-6066:Internet Explorerのメモリ破損の脆弱性
CVE-2015-6068:Internet Explorerのメモリ破損の脆弱性
CVE-2015-6069:Internet Explorerのメモリ破損の脆弱性
CVE-2015-6070:Internet Explorerのメモリ破損の脆弱性
CVE-2015-6071:Internet Explorerのメモリ破損の脆弱性
CVE-2015-6072:Internet Explorerのメモリ破損の脆弱性
CVE-2015-6073:Microsoftブラウザーのメモリの破損の脆弱性
CVE-2015-6074:Internet Explorerのメモリ破損の脆弱性
CVE-2015-6075:Internet Explorerのメモリ破損の脆弱性
CVE-2015-6076:Internet Explorerのメモリ破損の脆弱性
CVE-2015-6077:Internet Explorerのメモリ破損の脆弱性
CVE-2015-6078:Microsoftブラウザーのメモリの破損の脆弱性
CVE-2015-6079:Internet Explorerのメモリ破損の脆弱性
CVE-2015-6080:Internet Explorerのメモリ破損の脆弱性
CVE-2015-6081:Internet Explorerのメモリ破損の脆弱性
CVE-2015-6082:Internet Explorerのメモリ破損の脆弱性
CVE-2015-6084:Internet Explorerのメモリ破損の脆弱性
CVE-2015-6085:Internet Explorerのメモリ破損の脆弱性
CVE-2015-6086:Internet Explorerの情報漏えいの脆弱性
CVE-2015-6087:Internet Explorerのメモリ破損の脆弱性
CVE-2015-6088:Microsoft ブラウザーASLRバイパス
CVE-2015-6089:スクリプトエンジンのメモリ破損の脆弱性

・MS15-113

CVE-2015-6064:Microsoftブラウザーのメモリの破損の脆弱性
CVE-2015-6073:Microsoftブラウザーのメモリの破損の脆弱性
CVE-2015-6078:Microsoftブラウザーのメモリの破損の脆弱性
CVE-2015-6088:MicrosoftブラウザーASLRバイパス

・MS15-114

CVE-2015-6097:Windows Journalのヒープオーバーフローの脆弱性

・MS15-115

CVE-2015-6100:Windowsカーネルメモリの特権の昇格に関する脆弱性
CVE-2015-6101:Windowsカーネルメモリの特権の昇格に関する脆弱性
CVE-2015-6102:Windowsカーネルメモリの情報漏えいの脆弱性
CVE-2015-6103:Windowsグラフィックスメモリのリモートでコードが実行される脆弱性
CVE-2015-6104:Windowsグラフィックスメモリのリモートでコードが実行される脆弱性
CVE-2015-6109:Windowsカーネルメモリの情報漏えいの脆弱性
CVE-2015-6113:Windowsカーネルのセキュリティ機能のバイパスの脆弱性

・MS15-116

CVE-2015-2503:Microsoft Officeの特権の昇格の脆弱性
CVE-2015-6038:Microsoft Officeのメモリ破損の脆弱性
CVE-2015-6091:Microsoft Officeのメモリ破損の脆弱性
CVE-2015-6092:Microsoft Officeのメモリ破損の脆弱性
CVE-2015-6093:Microsoft Officeのメモリ破損の脆弱性
CVE-2015-6094:Microsoft Officeのメモリ破損の脆弱性
CVE-2015-6123:Microsoft Outlook for Macのなりすましの脆弱性

・MS15-117

CVE-2015-6098:Windows NDISの特権の昇格の脆弱性

・MS15-118

CVE-2015-6096:.NETの情報漏えいの脆弱性
CVE-2015-6099:.NETの特権の昇格の脆弱性
CVE-2015-6115:.NET ASLRバイパス

・MS15-119

CVE-2015-2478:Winsockの特権の昇格の脆弱性

・MS15-120

CVE-2015-6111:Windows IPSecのサービス拒否の脆弱性

・MS15-121

CVE-2015-6112:Schannel TLSのトリプルハンドシェイクの脆弱性

・MS15-122

CVE-2015-6095:Windows Kerberosのセキュリティ機能のバイパス

・MS15-123

CVE-2015-6061:サーバー入力検証の情報漏えいの脆弱性

(Security NEXT - 2015/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令
「Exchange Server」へのゼロデイ攻撃、中国支援グループが関与か
「Apache Tomcat」に複数脆弱性 - 2月のアップデートで修正済み
「Chrome 89」が公開、セキュリティ関連で修正47件 - ゼロデイ脆弱性にも対応
「Microsoft Exchange Server」に定例外パッチ - ゼロデイ攻撃が発生
「Cisco NX-OS」に6件の脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性