Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大

関西大学の非常勤講師が、学生のべ990人分の個人情報が記録されたUSBメモリを紛失したことがわかった。

同大内において、外国語科の非常勤講師がUSBメモリを紛失したもの。同講師が2014年と2015年春学期に担当した科目の履修者のべ749人の氏名、学籍番号、成績と、2015年秋学期に担当している科目の履修者のべ241人の氏名と学籍番号が記録されていた。

同大学では、対象となる学生に説明と謝罪を進めている。

(Security NEXT - 2015/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公開資料の非表示部分に個人情報、検索可能となり判明 - 同志社大
海外出張先で個人情報含むPCが鞄ごと盗難 - 金沢大
再委託先が個人情報含むファイルをメールに誤添付 - 愛知県
学生情報含むUSBメモリを紛失、ファイルにはパスワード - 名大
リモート授業で関係ない個人情報を共有 - 諏訪東京理科大
インターンシップ参加予定者の個人情報を誤送信 - 新潟県
メール誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 茨城キリスト教大
インターンシップ応募者の個人情報をメール誤送信 - 住友重機
成績含む資料を学生に開示、匿名メールで指摘 - 名古屋市大
メール送信ミスで入試事前審査の合否情報が流出 - 神戸大