Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IDカード作成用の個人情報を海外出張で紛失 - 高エネルギー加速器研究機構

高エネルギー加速器研究機構(KEK)の職員が、海外出張中に個人情報を保存した外部記憶メディアを紛失したことがわかった。

ヨーロッパ出張で渡航していた10月18日に、SSDが入ったインナーバックの紛失に気が付いたもの。利用した航空会社や空港の遺失物センターに問い合わせたが、発見されていない。

所在不明となっているSSDには、放射線管理区域カードの作成に使用した職員や大学院生、職員、研究員など5458人の氏名のほか、職員カード作成に関する個人情報2519件、連絡体制表に含まれる個人情報38件など、のべ8015件の個人情報が保存されていた。

同機構では、紛失した放射線管理区域カードのデータを使って、機構の放射線管理区域内に立ち入りできないことを確認。対象となる関係者には事情を説明し、謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2015/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数教員のメールアカウントに不正アクセス - 名古屋大
LINE問題でZHD特別委員会が最終報告書 - 「ユーザー目線での横と縦のガバナンス」を
LINEのQRコードログインに2要素認証バイパスの脆弱性 - 悪用被害も
医師のクラウドアカウントに不正アクセス - 愛知県がんセンター
JTB海外関連会社への不正アクセス、原因はアカウント侵害 - 北米顧客の情報流出は確認されず
JTB海外グループ会社にサイバー攻撃 - 犯行声明も
従業員メルアカが乗っ取り被害、訓練効果で早期に把握 - EIZO
高齢者福祉サービスの利用者情報が流出、委託先に不正アクセス - 港区
不正アクセスで一部個人情報が海外に流出 - 福祉用具レンタル会社
研究員メールアカウントに不正アクセス、PW使い回しが原因か - 東北工大