Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IDカード作成用の個人情報を海外出張で紛失 - 高エネルギー加速器研究機構

高エネルギー加速器研究機構(KEK)の職員が、海外出張中に個人情報を保存した外部記憶メディアを紛失したことがわかった。

ヨーロッパ出張で渡航していた10月18日に、SSDが入ったインナーバックの紛失に気が付いたもの。利用した航空会社や空港の遺失物センターに問い合わせたが、発見されていない。

所在不明となっているSSDには、放射線管理区域カードの作成に使用した職員や大学院生、職員、研究員など5458人の氏名のほか、職員カード作成に関する個人情報2519件、連絡体制表に含まれる個人情報38件など、のべ8015件の個人情報が保存されていた。

同機構では、紛失した放射線管理区域カードのデータを使って、機構の放射線管理区域内に立ち入りできないことを確認。対象となる関係者には事情を説明し、謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2015/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
SMBC信託銀のクラウド設定ミス、暗号化暗証番号が平文で閲覧も
LINEの報告不十分、資料提出求めつつ精査継続 - 個情委
約5カ月間、海外現地法人や海外支局に不正アクセス - 日経新聞
恋愛ゲームサイトに不正アクセス、会員情報流出 - 東京ガス
問合フォームに不備、第三者が個人情報にアクセス - イオン
海外拠点経由で不正アクセス、情報流出の可能性 - 川崎重工
クラウド設定ミスで顧客情報が流出 - 楽天グループ3社
Peatix情報流出、販売サイトへのリスト追加から発覚 - 侵害手法は未特定
カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性