Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

標的型攻撃、実行ファイル以外も注意を - 前四半期と異なる傾向

メールの送信元を見ると、前四半期同様、日本国内から発信されたものがもっとも多く、前四半期から4ポイント増となる22%。「中国(17%)」「韓国(9%)」が続く。一方、送信国のIPがわからないケースは、前回より少なくなっているものの、52%にのぼる。

20151026_jc_001.jpg
添付ファイルの種類(グラフ:IPA)

接続先を見ると、前回は半数近くを占めて香港が最多だったが、今回は韓国が55%を占めて最多。「スーダン(14%)」「日本(7%)」「スウェーデン(7%)」が続いた。

攻撃手法としては、添付ファイルを悪用するケースが48%にのぼり、リンクを利用した攻撃9%を大きく上回る。セキュリティ製品で削除した43%も多くは添付ファイルと見られる。

添付ファイルの種類に関しては、前回すべてが「実行ファイル」だったが、今回は全体の30%まで割合が縮小。そのうち半数は、文字の並びを逆にする「RLO」のテクニックを用いて拡張子を偽装していた。

(Security NEXT - 2015/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」