Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

標的型攻撃、実行ファイル以外も注意を - 前四半期と異なる傾向

2015年第3四半期は、標的型攻撃の傾向が前四半期から大きく変化している。前四半期は、実行ファイルが主体だったが、2015年第3四半期は「ショートカットファイル」や「Officeファイル」などが悪用された。

サイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP)における2015年第3四半期の統計情報を、情報処理推進機構(IPA)が取りまとめたもの。

J-CSIPは、2011年10月に発足した官民連携組織。重要インフラや製造業など約61の組織が参加しており、秘密保持契約のもと参加組織で検知した標的型攻撃に関する情報を共有、セキュリティ対策へ活用している。

20151026_jc_002.jpg
接続先地域(グラフ:IPA)

同四半期における参加組織からの報告は88件で、前四半期の104件から減少。そのうち標的型攻撃メールと見られるメールは23件だった。2015年第1四半期は79件だったが、翌第2四半期には28件へと大きく縮小し、今回さらに減少した。

(Security NEXT - 2015/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2020年上半期の標的型攻撃は3978件、前年同期の約1.5倍に - 警察庁まとめ
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
標的型攻撃、「圧縮ファイル」利用が前年比2.5倍に
2019年4Qの標的型攻撃メールは47件 - 情報提供の7割が「Emotet」
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇