Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、仮想化環境向けセキュリティ製品の新版

カスペルスキーは、仮想化環境向けセキュリティ製品の新版「Kaspersky Security for Virtualization 3.0 Agentless Service Pack1」を提供開始した。

同製品は、仮想マシンを保護する仮想アプライアンス。仮想マシンごとにエージェントを導入することなく利用できる。

最新版では、「VMware vSphere 6.0」に対応し、あらたに開発したコーポネントを導入。大規模環境における「vSphere」への負荷を低減した。また運用管理機能を強化しており、各仮想マシンのセキュリティ情報を確認できる。

さらにマイクロソフトが推奨するスキャン除外対象の設定情報を規定値へと変更。除外設定においてワイルドカードによる指定へ対応したほか、設定情報のインポートやエクポートが可能となっている。価格は、最小構成の1CPUあたり17万2800円。

(Security NEXT - 2015/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック
仮想環境向けセキュリティ対策製品を機能強化 - カスペ
マルチクラウド対応の集中管理製品「FireEye Cloudvisory」
DDoS対策専用の仮想アプライアンスを提供 - A10
テレワーク需要に「F5 APM」入りHCIを展開 - TED
ブラウザ分離技術のLight Point Securityを買収 - McAfee
人材育成と研究で「サイバーセキュリティセンター」開設 - 日立グループ
ウェブ閲覧環境分離するアイソレーションサービスを開始 - インテック
企業向けクラウドバックアップサービス2種を開始 - Arcserve Japan
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能