Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報聞き出すスパム送信の踏み台に - とちぎ青少年センター

とちぎ青少年センターの指定管理者が使用しているメールアカウントが不正アクセスを受け、大量のスパムメールが送信されていたことがわかった。

栃木県によれば、指定管理者である栃木県青年会館において、不正アクセスによりメールアカウントが乗っ取られ、同センターで利用するメールアドレスから大量のスパムメールが送信されていたという。10月12日8時過ぎに異常へ気が付いた。

発信されたスパムメールは英語で記載されており、氏名や住所、電話番号、年齢、職業などの個人情報を聞き出す内容だった。同センターではメールの使用を停止し、原因や被害状況について調査を行っている。

同県では、同センターのメールアドレスより送信されたメールは開封せず削除するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

再度「Emotet」の感染被害が判明、4月以降4人 - 室蘭工業大
都マンション管理状況届出システムに不正アクセス
教員私物PCが「Emotet」感染、不正メール送信の踏み台に - 愛媛大
防災局メルアカ乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 新潟県
防災システムへの不正アクセス、スパム約31万件が送信される - 新潟県
Twitterが乗っ取り被害、DM履歴に顧客情報 - ホビー製作販売会社
アカウント2件に不正アクセス、スパム踏み台に - 早稲田システム開発
教員アカウントがスパム送信の踏み台に - 九州歯科大
研究員メールアカウントに不正アクセス、PW使い回しが原因か - 東北工大
退職者のメールアカウントがスパムの踏み台に - 大阪メトロサービス