Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報聞き出すスパム送信の踏み台に - とちぎ青少年センター

とちぎ青少年センターの指定管理者が使用しているメールアカウントが不正アクセスを受け、大量のスパムメールが送信されていたことがわかった。

栃木県によれば、指定管理者である栃木県青年会館において、不正アクセスによりメールアカウントが乗っ取られ、同センターで利用するメールアドレスから大量のスパムメールが送信されていたという。10月12日8時過ぎに異常へ気が付いた。

発信されたスパムメールは英語で記載されており、氏名や住所、電話番号、年齢、職業などの個人情報を聞き出す内容だった。同センターではメールの使用を停止し、原因や被害状況について調査を行っている。

同県では、同センターのメールアドレスより送信されたメールは開封せず削除するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイトの「問い合わせフォーム」を悪用する攻撃に警戒を
ウェブサイトがスパムの踏み台被害 - 船橋市
メールサーバで設定ミス、スパムを中継 - 山口県産業技術センター
4000人超で不正ログイン被害が発生 - LINE
メルアカ乗っ取りで取引先情報流出の可能性 - RIZAP
海外子会社でマルウェア感染、本社偽うメールで - 双葉電子
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応
JA仙台装う迷惑メールが送信 - スナック菓子の情報サイトが踏み台に
オープンリレー状態でスパム送信の踏み台に - 富山市教委
小学校の代表メールが乗っ取り、スパムの踏み台に - 取手市