Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobe、13日にAdobe Reader向けUDを公開予定 - 脆弱性攻撃は未確認

20151009_as_001.jpg
Adobeの事前予告

Adobe Systemsは、米国時間10月13日に深刻な脆弱性を解消する「Adobe Reader」および「Adobe Acrobat」向けのアップデートを公開する予定だ。

「Windows」「Mac OS X」へ提供するセキュリティアップデート「APSB15-24」の公開予告を行ったもの。脆弱性の悪用は確認されていないという。

適用優先度は、いずれのプラットフォームも3段階中2番目にあたる「2」。30日以内のアップデートを推奨する。

(Security NEXT - 2015/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Adobe、複数製品向けにアップデート - CVSS基本値「10」の脆弱性も
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 移行急がれる「同2017」
Adobe7製品にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性などに対処
脆弱性攻撃の8割超が「Office」狙い - いまだFlash狙いの攻撃も
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
フィッシングサイトの多いブランド、「au」がグローバルで6位に
脆弱性DB「JVN iPedia」への登録、2Qは2325件 - 前四半期から1455件減
複数製品向けに深刻な脆弱性を解消するアップデート - Adobe
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 複数の深刻な脆弱性を解消