Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PWリスト攻撃による不正注文被害 - トイザらス

トイザらスのオンラインショップにおいて、第三者による不正注文の被害が発生していることがわかった。同社では、パスワードの適切な管理など顧客へセキュリティ対策を呼びかけている。

同サイトを運営する日本トイザらスによれば、同社以外から流出したと見られるIDやパスワードを用いて顧客以外の第三者がログインし、不正に商品を注文する被害が確認されているという。

なりすましによるログインにより、不正注文はもちろん、顧客情報の流出や改ざんなど生じる可能性があることから、同社では顧客へ注意を呼びかけており、アカウントにログインし、購入履歴に身に覚えのない注文がないか確認するよう求めている。

またパスワードリスト攻撃による被害を防ぐため、複数のサービスでパスワードの使い回しをしないよう対策を呼びかけているほか、脆弱性の解消や最新セキュリティ対策ソフトの利用など、セキュリティ対策を講じるようアナウンスを行っている。

(Security NEXT - 2015/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通販サイトに対する21回のPWリスト攻撃を検知 - セシール
モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン
富士通のプロジェクト情報共有ツール、129組織で情報流出
「KLab ID」で不正ログイン - 新規登録機能で攻撃対象を絞り込み
なりすましによる不正ログインを確認 - TSUTAYA
複数従業員のメールアカウントに不正アクセス - モリサワ
職員が不正ログイン被害、なりすましメールが送信 - 国立環境研究所
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
ディノス通販サイトに1605回のログイン試行 - 41件で不正ログイン
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北