Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

外国人向けの無料Wi-Fi検索アプリに複数の脆弱性

NTTブロードバンドプラットフォームが提供するスマートフォン向けアプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」に、複数の脆弱性が存在することがわかった。

同アプリは、無料で利用できるWi-Fi接続スポットを検索できる訪日外国人向け無料アプリ。Android版とiOS版が用意されており、Android版では「同1.6.0」、iOS版では「同1.0.2」に脆弱性が存在。以前のバージョンも影響を受ける。

脆弱性情報ポータルサイト「JVN」によると。SSIDの表示に脆弱性「CVE-2015-5630」があり、細工されたSSIDをアクセスポイントとして接続すると、端末上で任意のスクリプトが実行される可能性がある。

またURLスキームを使って起動することで、任意のページを表示させることが可能となる脆弱性「CVE-2015-5629」が存在。任意のAPIを実行されるおそれがある。

最新版では修正されており、開発元やセキュリティ機関ではアップデートを呼びかけている。これら脆弱性はスプラウトの末房建太氏と塩見友規氏が情報処理推進機構に報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

(Security NEXT - 2015/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
PHPにセキュリティ更新 - 「PHP 7.4.14」「同7.3.26」が公開