Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、「AppLocker」の認証情報処理を一部修正

日本マイクロソフトは、アプリケーションの実行を制御する「AppLocker」向けに更新プログラムの提供を開始した。

「AppLocker」は、あらかじめ設定したポリシーに従い、承認されていないアプリケーションやマルウェアを実行できないよう制御できるWindowsのセキュリティ対策機能。

今回のアップデートは、「AppLocker」による多層防御を強化する一環として更新したもの。発行元ルールのバイパスを回避するため、認証情報の処理方法を修正。適用後は、発行元ルールに保存されている現在のユーザーの認証情報を使用しないように変更する。

自動更新やMicrosoft Updateのほか、Microsoft Updateカタログおよびダウンロードセンターにて提供する。

(Security NEXT - 2015/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
教育センターで生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL
Google、「Chrome 85」をリリース - 5件の脆弱性に対処
VPNアカウント流出、内部侵入は否定 - 平田機工
「BIND 9」に5件の脆弱性 - 一部脆弱性は公開済み
ユーザー起点のプライバシー対応を支援 - PwCコンサルティング
IoT機器開発者向けにガイドライン - NRIセキュア
「Firefox 79」がリリース - 脆弱性10件を修正