Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、「AppLocker」の認証情報処理を一部修正

日本マイクロソフトは、アプリケーションの実行を制御する「AppLocker」向けに更新プログラムの提供を開始した。

「AppLocker」は、あらかじめ設定したポリシーに従い、承認されていないアプリケーションやマルウェアを実行できないよう制御できるWindowsのセキュリティ対策機能。

今回のアップデートは、「AppLocker」による多層防御を強化する一環として更新したもの。発行元ルールのバイパスを回避するため、認証情報の処理方法を修正。適用後は、発行元ルールに保存されている現在のユーザーの認証情報を使用しないように変更する。

自動更新やMicrosoft Updateのほか、Microsoft Updateカタログおよびダウンロードセンターにて提供する。

(Security NEXT - 2015/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome 87.0.4280.141」が公開 - セキュリティに関する16件の修正を実施
ゼロトラスト実現に向けたロードマップ作成サービス - SBT
氏名やIPアドレスの透かしで画面撮影を抑止するソフト
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
国内ネット通販大手、9割が「DMARC」未導入
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
Apple、「iOS 14.3」をリリース - 旧端末向けにも更新を用意
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
偽「Amazon」からのSMSに警戒を - 不安煽るさまざまな文面
Google、「Chrome 87」で33件のセキュリティに関する修正を実施