Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本通信、同社Android端末向けにIDSを提供

日本通信は、Android向けに侵入検知システム(IDS)ソリューションを9月18日より提供開始する。手はじめに同社端末「VAIO Phone」へファームウェアの更新により搭載する。

20150903_nt_001.jpg
記者会見に登壇した三田氏(画面左)と福田氏(同右)

「モバイルIDS」は、Androidにおいてドライバレベルでネットワーク層やトランスポート層の不正通信を監視するソリューション。

攻撃を検知するクライアントエンジンと、利用者からのデータを集約するサーバエンジンで構成されており、端末上で「Warning(警告)」「Severe(重度の警告)」「Attack(攻撃)」の3段階にわけて件数を表示。法人契約であれば具体的な攻撃内容に関しても確認できるという。

また利用者から収集した検知情報を対策へ活かすほか、防御機能を追加した「モバイルIDPS」を、ファームウェアのアップデートにより第3四半期前半をめどに提供する予定。

20150903_nt_002.jpg
「モバイルIDS」の画面

月額料金は100台で利用した場合、25万9200円。既存のVAIO Phoneユーザーや、9月3日から先着2万台までの新規購入ユーザーには、VAIO Phoneの利用や「コミュニティ開発プログラム」への参加などを条件に無償で提供するという。

記者会見へ登壇した代表取締役会長の三田聖二氏は、2006年に米Arxceoを買収し、無線や国内市場にあわせ、10年を費やして開発してきたと説明。端末を供給しているからこそファームウェアとして実装できたと語り、セキュリティ対策を通じ、MVNO事業者として差別化を進めていくと説明した。

また代表取締役社長の福田尚久氏によれば、「VAIO Phone」の場合、CPUへの負荷は1%未満だという。容量も小さく、他社への提供、チップやルータなど他機器への搭載なども検討している。

(Security NEXT - 2015/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不審勧誘で苦情、契約者情報の漏洩を調査 - JSB
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「セゾンカード」装うフィッシング - 複数文面を悪用
保険税納付済額通知書が強風で飛散、一部所在不明 - 小松市
Apple、「iOS 12.5.7」を公開 - 悪用済み脆弱性を解消
「情報セキュリティ10大脅威 2023」 - 組織は「ランサム」が引き続き首位
「Chrome」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
WordPress向けショッピングカートプラグインに脆弱性 - 任意のファイルを閲覧されるおそれ
「JSAC2023」参加者登録がスタート - 一部講演内容も明らかに
VMwareのログ管理ツールに複数の深刻なRCE脆弱性