Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県立高でランサムウェア感染被害、ファイルサーバも - 鳥取県

鳥取県立鳥取中央育英高校の職員用パソコンやサーバが、マルウェアに感染していたことがわかった。同校では感染原因や影響について調査を進めている。

8月25日にファイルのアイコンが変わっていることに職員が気付き、判明したもの。パソコンにファイルの拡張子を書き換え、暗号化するマルウェアが感染したという。

問題のパソコンを同日初期化したものの、翌26日には、職員用パソコンから接続していたファイルサーバでも同様の被害が発生していることを確認した。同校では感染端末の初期化を行うとともに、すべてのパソコンをネットワークから遮断したという。

同校では、マルウェアへ感染した原因や他端末への感染、情報の外部流出の状況など引き続き調査を進めていくという。

(Security NEXT - 2015/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

悪意あるファイルの検知、前年比5.7%増 - 1日平均約38万件
ランサム攻撃を受けたらどうする? JPCERT/CCが初動対応FAQを公開
大晦日未明にランサム被害、情報流出を確認 - ソフトウェア開発会社
システム開発会社がランサム被害 - 自治体スマホアプリに影響
脆弱性対策ベンダーが「Log4Shell」を「最悪の脆弱性」と評価した理由
年末年始の長期休暇に向けた準備を - 脆弱性やパッチ公開に注意を
クラウド運用の県森林情報管理システムがランサム被害 - 鳥取県
ランサム被害のスポーツクラブNAS、検証から情報流出なしと判断
2月に「制御システムセキュリティカンファレンス 2022」が開催
スポーツクラブNASのサーバ2台がランサム被害 - 「暗号化された鍵」特定されて侵入