Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、中小企業向けにメール環境のセキュリティを強化する新サービス

NECは、メール経由のマルウェア感染や情報漏洩のリスクを低減する中小企業向けサービスを10月1日より順次提供開始する。

「ActSecureクラウドセキュリティメールサービス」は、データセンターの仮想環境で受信したメールの添付ファイルや、記載されたURLなどを解析し、攻撃をブロックする機能をはじめ、スパムチェックや誤送信対策などの機能を提供するセキュリティソリューション。

「企業向けマイナンバーソリューション」のサービスメニューへ追加。マイナンバー制度の開始にともない、メール環境のセキュリティ対策を強化する中小企業へ展開していく。100件のIDで利用した場合、月額利用料は4万3200円から。別途初期費用10万8000円が必要。

また送受信したメールを保管し、送受信者の相関図を参照できる「メールアーカイブ」や、文書ファイルの権限管理や暗号化が行える「IRM保護制御」といったメニューを用意した。いずれも月額2万1600円から。

(Security NEXT - 2015/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

口座振替依頼書が一部所在不明、マイナンバーも記載 - 岩倉市
マイナンバー含む共済金の支払調書データを誤廃棄 - JA福井県
マイナンバーのヒヤリハットや漏洩の事例集 - 個情委
紛失や誤送付など個人情報関連事故2件を公表 - 八千代市
個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委
マッチングアプリ「Omiai」の会員情報171万件が流出した可能性
マイナンバーカード交付予約者の個人情報をサイトに誤掲載 - 小田原市
マイナンバーなど外部送信、ダミーファイルに残存 - 宝HD
市サイトで送信した画像が閲覧可能に、マイナンバーなども - 佐賀市
端末の更新を失念、マイナンバーカード手続きで障害 - 長野市