Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京海上日動、無料サービス「サイバーリスク総合支援サービス」を提供

東京海上日動火災保険は、契約者へ情報提供を行ったり、見込み客などへ損害想定額の試算やリスク評価などを行う「サイバーリスク総合支援サービス」を10月1日より提供開始する。

同サービスは、企業におけるサイバーリスク対策を支援する無料サービス。既存契約者に対し、サイバーリスクに関連する最新情報を情報誌やメールマガジンを通じて配信。また従業員の教育支援ツールを無償で提供する。

さらに同社との契約の有無に関係なく「簡易リスク診断サービス」を提供。リスクマネジメント体制の評価や、予想される最高損害額の試算を実施。また企業の状況に適したセキュリティ事業者を無料で紹介する。事業者との契約料やサービス利用料は別途必要。

(Security NEXT - 2015/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

医療従事者向け求人サイトにサイバー攻撃 - 個人情報が流出
内部統制構築支援サービス、スキル移転も重視 - ニュートン・コンサル
上海のきらぼし銀子会社にサイバー攻撃 - 詳細を調査
サイバー攻撃による事業停止を想定したBCPのコンサルサービス
「CIS Controls」を用いたセキュリティ対策のアセスメントサービス
PC3台が「Emotet」に感染、情報流出の可能性 - システム開発会社
従業員の顔画像含む認証機器が所在不明 - システム開発会社
印字プログラム不具合で書類に別会員の口座情報 - 歯科コンサル会社
「サイバーレジリエンス現状分析サービス」を提供開始 - 日立ソ
矢野経済研究所に不正アクセス - SQLi攻撃でアカウント情報が流出