Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京海上日動、無料サービス「サイバーリスク総合支援サービス」を提供

東京海上日動火災保険は、契約者へ情報提供を行ったり、見込み客などへ損害想定額の試算やリスク評価などを行う「サイバーリスク総合支援サービス」を10月1日より提供開始する。

同サービスは、企業におけるサイバーリスク対策を支援する無料サービス。既存契約者に対し、サイバーリスクに関連する最新情報を情報誌やメールマガジンを通じて配信。また従業員の教育支援ツールを無償で提供する。

さらに同社との契約の有無に関係なく「簡易リスク診断サービス」を提供。リスクマネジメント体制の評価や、予想される最高損害額の試算を実施。また企業の状況に適したセキュリティ事業者を無料で紹介する。事業者との契約料やサービス利用料は別途必要。

(Security NEXT - 2015/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

経営者が想定すべきインシデント発生時のダメージ - JNSA調査
ルータ向けLinux「Zeroshell」 - 開発終了しており使用中止を
Ivanti製VPNに対する脆弱性攻撃の被害が拡大 - 少なくとも1700件の侵害
サイバー攻撃に対するBCPの策定を支援 - ニュートン・コンサル
委託先でメール誤送信、会員情報が流出 - 大和証券グループ会社
IoTセキュリティの規制動向など共同研究 - PwCと情セ大
「CRI Profile」を踏まえた金融機関向けセキュリティ監査サービス
二重脅迫やめたランサムウェア「BianLian」 - 米豪が注意喚起
政府委託調査でメール誤送信、景気ウォッチャーのメアド流出
医療従事者向け求人サイトにサイバー攻撃 - 個人情報が流出