Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京海上日動、無料サービス「サイバーリスク総合支援サービス」を提供

東京海上日動火災保険は、契約者へ情報提供を行ったり、見込み客などへ損害想定額の試算やリスク評価などを行う「サイバーリスク総合支援サービス」を10月1日より提供開始する。

同サービスは、企業におけるサイバーリスク対策を支援する無料サービス。既存契約者に対し、サイバーリスクに関連する最新情報を情報誌やメールマガジンを通じて配信。また従業員の教育支援ツールを無償で提供する。

さらに同社との契約の有無に関係なく「簡易リスク診断サービス」を提供。リスクマネジメント体制の評価や、予想される最高損害額の試算を実施。また企業の状況に適したセキュリティ事業者を無料で紹介する。事業者との契約料やサービス利用料は別途必要。

(Security NEXT - 2015/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサムウェア被害で顧客情報流出の可能性 - コンサル事業者
クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
中小企業の個人情報安全管理コスト、年10万未満が6割強
サプライチェーンのセキュリティ評価サービス - NRIセキュア
SIEMによる従業員の異常行動分析を支援 - ALSI
「FireEye」が「Mandiant」に社名変更 - クラウドプラットフォームに注力
BSIグループとイエラエセキュリティ、デジタルフォレンジック分野で協業
「Azure」のセキュリティ対策やコストを診断 - 日商エレ
2025年のセキュリティサービス市場は1兆円超に - IDC予測
CSCとグローム、医療業界向けセキュリティサービスで提携