Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

安全衛生技術試験協会、サイトを再開 - 改ざん原因は調査中

不正アクセスを受け、ウェブサイトの一部コンテンツを改ざんされた問題で、安全衛生技術試験協会は、ウェブサイトを再開した。

今回のウェブサイトの改ざんでは、Adobe Flash Playerの脆弱性「CVE-2015-5119」を悪用する「swfファイル」や、マルウェアが設置されたもの。米国時間7月8日に公開された「APSB15-16」を適用していない「同18.0.0.194」や以前のバージョンで閲覧した場合、マルウェアへ感染するおそれがあった。

同協会では、不正アクセスの内容、対応方法など調査を進めるとともに、ウェブサイトが改ざんされていたと見られる7月10日12時ごろから17時半までにアクセスした心当たりがある利用者へ、マルウェアへ感染していないか確認するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ペット用品通販サイトに不正アクセス - 閉鎖直後に被害が判明
インシデント件数、前四半期から1割増 - 「マルウェアサイト」は3.4倍に
オーガニック食品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
旧サーバが改ざん、偽通販サイトを設置される - 江東区健康スポーツ公社
博物館情報サイトが改ざん - 不正サイトへ誘導
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 警察実務書扱う出版社
飛鳥歴史公園の利用者向けサイトが改ざん - 無関係なコンテンツ
システム開発会社がランサム被害 - 自治体スマホアプリに影響
衣料通販サイトに不正アクセス、クレカ情報流出の可能性 - ネクスG子会社
東北工業大の関連サイトで改ざん被害 - ファイル内に難読化スクリプト