Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東大、IDや初期PW含む学生や教職員の個人情報が流出

20150716_tu_001.jpg

東京大学のパソコンがマルウェアに感染し、学生や教職員のアカウント情報をはじめとする個人情報あわせて最大3万6300件が流出した可能性があることがわかった。

同大において、業務に利用するパソコンがマルウェアに感染、内部に保存されていた学内向けサービスのアカウントが流出していることが判明したもの。

同大によれば、6月30日に学内で使用するメールサーバにおいて、管理画面の設定が変更されていることへ気が付き、調査を行ったところ、マルウェアの感染が発覚した。

感染したパソコンや同サービスのサーバには、システムのアカウント情報や個人情報が保存されていた。

流出した可能性があるのは、2013年度と2014年度の学部入学者、および2012年度と2013年度にシステムを利用した学生の氏名、学生証番号、利用者ID、初期パスワードなど約2万7000件。

さらに2012年度以降にシステムを利用した教職員の氏名やID、初期パスワードなど4500件、サーバ管理者の氏名、ID、初期パスワードなど3800件、現在システムを利用している学生と教職員の氏名、学生証番号、IDなど1000件などが含まれる。

同大学では対象となるすべてのパスワードを変更。感染端末を隔離した。詳しい原因や影響の範囲など調査を進めており、関係者へ連絡を取っているが、二次被害などは確認されていないという。

(Security NEXT - 2015/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

3Qのセキュ相談、偽SMSが3.1倍 - 「Emotet」関連は大幅減
ECサイトがマルウェア感染、外部サイトへ誘導 - 韓国コスメ販売会社
企業の24.2%「1年以内にサイバー攻撃を受けた」 - TDB調査
引き続き北朝鮮の標的となる暗号資産 - 個人法人で対策必須
不正アクセスでウェブサイトが改ざん被害 - IBS Japan
再度「Emotet」の感染被害が判明、4月以降4人 - 室蘭工業大
一部店舗で無人チェックインシステムがランサム被害 - H.I.SホテルHD
マルウェア感染、9分後に遮断するも情報流出の疑い - 小学館集英社プロ
2Qセキュ相談、前四半期比約25%減 - 半減するも依然多い「Emotet」相談
攻撃元はパートナー企業、二次流出の痕跡見つからず - キンコーズ