Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「LINE@」に深刻な脆弱性 - 3月に修正済み

スマートデバイス向けコミュニケーションアプリ「LINE@」に深刻な脆弱性が含まれていたことがわかった。3月の時点で修正済みだという。

3月に同社アプリ「LINE」において、中間者攻撃(MITM)が可能となる脆弱性「CVE-2015-0897」が明らかとなったが、「LINE@」についても同様の脆弱性「CVE-2015-2968」が存在していたことが明らかとなったもの。通信内容が改ざんされ、不正なスコードを実行されるおそれがある。

同脆弱性は、AndroidおよびiOSに提供された「同1.00」に含まれるが、同社では3月17日に修正を実施済みであり、現在公開されている最新版では、脆弱性の影響を受けないとしている。

同脆弱性は、スプラウトの塩見友規氏、末房建太氏、中澤上明氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

(Security NEXT - 2015/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware SD-WAN Orchestrator」に複数脆弱性 - 修正版が公開
「Hibernate ORM」に「SQLインジェクション」の脆弱性
「Firefox 83」公開、HTTPS限定モードを追加 - 脆弱性21件を修正
「ウイルスバスタークラウド」に任意のファイルが削除できる脆弱性
Ciscoのセキュリティ管理製品に深刻な脆弱性 - 修正版にも脆弱性
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」
「Microsoft Edge」にアップデート - ゼロデイ脆弱性に対処
CPU消費電力から暗号化キー解析できる攻撃「PLATYPUS」が判明
「macOS High Sierra」「Mojave」向けにアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
Apple、「macOS Catalina 10.15.7」など公開 - ゼロデイ脆弱性3件を修正