Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OpenSSLに偽造証明書チェーンを利用させる深刻な脆弱性 - UDが公開

OpenSSLの開発チームは、深刻度「高」とするOpenSSLのセキュリティアップデートを公開し、証明書の検証処理における脆弱性を解消した。

OpenSSLでは、証明書検証時に証明書チェーンの検索に失敗すると代替の証明書チェーンを検索するが、攻撃者によって信頼できない証明書をチェックさせることが可能となる脆弱性「CVE-2015-1793」が存在するという。

開発者チームは、脆弱性を解消した「OpenSSL 1.0.2d」「同1.0.1p」を用意し、提供を開始した。

「同1.0.0」や「同0.9.8」については、今回明らかとなった「CVE-2015-1793」の影響を受けないとしているが、12月31日にサポートの終了を迎えるため、アップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性診断の利用者向けに「サイトシール」を提供 - GMO
「OpenSSL」にセキュリティアップデート - 脆弱性の評価は下方修正
「Trend Micro Apex One」に緊急性高い脆弱性 - アップデートを
【お知らせ】ブラウザによる警告表示のお詫び
Cisco製セキュリティアプライアンスにRSA秘密鍵漏洩のおそれ
機密情報管理のHashiCorp製「Vault」に脆弱性 - データ消失のおそれ
「GnuTLS」に脆弱性 - アップデートがリリース
Facebookビジネスアカウントの乗っ取り攻撃 - LinkedInで攻撃対象を物色
動画配信サービス「Hulu」のアプリに脆弱性
Cisco製コラボレーションツールに重要度「Critical」の脆弱性