Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アズジェント、公的機関向けにネット遮断ルールの設計サービス

アズジェントは、公的機関向けにネットワークの遮断のルールを設計するインシデント対策サービスを7月15日より提供する。

「セキュリティ・プラス 自動遮断・設計/設定サービス」は、ネットワークの自動遮断ルールを設計する支援サービス。SIEMのリアルタイム監視と遮断ルールの設定により、インシデント発生時の情報流出被害を抑える。

情報資産のリスク評価を行い、自動遮断のルールを設定。マルウェアの感染や不正アクセスによるインシデントが発生した際に、情報流出に関連する端末やサーバ、通信経路を部分的に遮断する。

料金は1基幹システム540万円から。初年度5億円の販売を目指してサービスを展開していく。

(Security NEXT - 2015/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NCA、CSIRTが集う年次イベントを開催 - 非加盟でもオンライン参加可能
3Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんは増加
引き続き北朝鮮の標的となる暗号資産 - 個人法人で対策必須
サイバー防御力競う「ハードニング競技会」がグッドデザイン賞
CSIRTの業務支援サービスを開始、フォレンジック調査も - MIND
CSIRT交流イベント「NCA Annual Conference 2022」、12月にハイブリッド開催
ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応
メール訓練のノウハウをまとめた手引書を公開 - NCA
夏季休暇に向けてセキュリティの再確認を - 盆休み直前の月例パッチにも注意
テレワークで機密情報の特例持出が増加 - ルール遵守、半数近くが「自己確認」のみ