Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アズジェント、公的機関向けにネット遮断ルールの設計サービス

アズジェントは、公的機関向けにネットワークの遮断のルールを設計するインシデント対策サービスを7月15日より提供する。

「セキュリティ・プラス 自動遮断・設計/設定サービス」は、ネットワークの自動遮断ルールを設計する支援サービス。SIEMのリアルタイム監視と遮断ルールの設定により、インシデント発生時の情報流出被害を抑える。

情報資産のリスク評価を行い、自動遮断のルールを設定。マルウェアの感染や不正アクセスによるインシデントが発生した際に、情報流出に関連する端末やサーバ、通信経路を部分的に遮断する。

料金は1基幹システム540万円から。初年度5億円の販売を目指してサービスを展開していく。

(Security NEXT - 2015/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

夏季休暇に向けてセキュリティの再確認を - 盆休み直前の月例パッチにも注意
テレワークで機密情報の特例持出が増加 - ルール遵守、半数近くが「自己確認」のみ
インシデント関連データの可視化ツールをGitHubで公開 - WithSecure
インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
「情報セキュリティ白書2022」の無料PDF版を公開 - IPA
IPA、「情報セキュリティ白書2022」を発売 - PDF版も同時公開予定
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
セキュリティ診断サービスでレッドチーム演習を提供 - GMO-CS
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に