Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アズジェント、公的機関向けにネット遮断ルールの設計サービス

アズジェントは、公的機関向けにネットワークの遮断のルールを設計するインシデント対策サービスを7月15日より提供する。

「セキュリティ・プラス 自動遮断・設計/設定サービス」は、ネットワークの自動遮断ルールを設計する支援サービス。SIEMのリアルタイム監視と遮断ルールの設定により、インシデント発生時の情報流出被害を抑える。

情報資産のリスク評価を行い、自動遮断のルールを設定。マルウェアの感染や不正アクセスによるインシデントが発生した際に、情報流出に関連する端末やサーバ、通信経路を部分的に遮断する。

料金は1基幹システム540万円から。初年度5億円の販売を目指してサービスを展開していく。

(Security NEXT - 2015/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

都が中小企業セキュ対策であらたな支援事業 - 試験的に機器設置、インシデント対応もサポート
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
金融業界の横断的演習「Delta Wall V」を実施 - 金融庁
関連インシデントもわかる情報リテラシー啓発資料 - ラック
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向