Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール開封でマルウェア感染、個人情報が流出か - 東京商工会議所

東京商工会議所の事務局員が使用するパソコンがマルウェアに感染し、内部に保存されていた個人情報が外部へ流出した可能性があることがわかった。

20150610_ta_001.jpg
個人情報流出の可能性を公表した東京商工会議所

マルウェアが感染していたのは、同会議所国際部の事務局員が使用しているパソコンで、5月22日に判明した。同会議所では、業務関連メールを装った標的型攻撃メールを開いたことにより感染したと説明している。

マルウェアが感染していたパソコンには、同会議所が主催したセミナーの参加者名簿などを保存しており、氏名や住所、電話番号、メールアドレス、会社名など含まれる。流出した個人情報は約1万件以上にのぼると見られている。

同会議所では対象となる関係者に連絡。二次被害の防止や再発防止に向けたセキュリティ対策を実施しているという。また、あらたな情報が判明次第、ウェブサイトなどで報告する方針。

(Security NEXT - 2015/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Dell TechnologiesからRSAが独立 - 新会社として活動開始
札幌テレビかたり、個人情報聞き出す電話に注意
保育施設保護者向け書類を誤配布、国保免除申請書の紛失も - 高槻市
個人情報の関連事故10件を公表 - 大阪市
Dell TechnologiesがRSAを投資ファンドなどへ売却
生活で約6割が「個人情報漏洩」に不安 - ネット調査
職員が住民の携帯番号を私的流用、LINEスタンプ送信 - 大阪市
年金未納者情報含むDVDを事務センター内で紛失 - 年金機構
行政や独法の個人情報委託先、68件で契約違反の再委託
健康保険関連の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 蒲郡市