Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、「PostgreSQL」向け暗号化ソフトをOSSとして公開

NECは、データベース「PostgreSQL」の利用者向けに無料で利用できる暗号化ソフト「Transparent Data Encryption for PostgreSQL Free Edition」を提供開始した。

同製品は、オープンソースのデータベース「PostgreSQL」において、透過的な暗号化機能を追加するソフトウェア。オープンソースソフトとして、GitHubが運営するウェブサイト「GitHub」上で公開する。

業務アプリケーションを改修せず、データベースに格納するデータを自動的に暗号化し、許可されているユーザーのみ復号してデータを参照できる。

また機能を追加した「Transparent Data Encryption for PostgreSQL Enterprise Edition」を製品版として7月28日より出荷開始する。暗号化機能にくわえ、データベースの診断機能や復旧機能、暗号鍵管理機能を搭載している。価格は75万円から。

(Security NEXT - 2015/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「LibTIFF」に脆弱性、悪用コードが公開済み - パッチの適用を
「Apache MINA SSHD」に脆弱性 - アップデートがリリース
eポートフォリオ「Mahara」に深刻な脆弱性 - アップデートの適用を
「Spring Security」に複数の脆弱性 - アップデートにて修正
NEC製HAクラスタリングソフトに深刻な脆弱性 - パッチの適用を
Cloudflareのゼロトラストサービスでポリシーのバイパス可能となる脆弱性
「IBM InfoSphere Information Server」にCSVインジェクションの脆弱性
GitHub上のソースコードへアクセスできる認証キーを誤公開 - UUUM
「Apache Ivy」のパス処理に複数の脆弱性 - アップデートで修正