Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業で見つかった脆弱性の4分の3が公表から2年以上経過

2014年に企業システムで見つかった脆弱性の4分の3が、脆弱性の公表から2年以上経過していたとの調査結果をNTTコミュニケーションズが取りまとめた。

同社が、脅威のトレンドや対策、関連技術などをレポートとしてまとめたもの。セキュリティオペレーションセンターやハニーポットで収集した脅威情報のほか、全世界で発生している攻撃に関する情報を1300人以上の専門家が分析した。

エクスプロイトキットの動向を分析したところ、エクスプロイトキットが利用する脆弱性は、公表から平均1年強で、2014年に利用された脆弱性の8割以上は、2013年と2014年に公表されたものだった。従来は平均2年弱だったことから、あたらしい脆弱性を利用する傾向が強まっているという。

さらに2012年以降、「Adobe Flash Player」の脆弱性を悪用するエクスプロイトキットが増加している。2014年に検出された「Flash」の脆弱性件数が過去最大だったことが影響していると分析している。

また攻撃を受ける企業のシステムにおいても、対応の遅れが目立っている。2014年に企業システムで見つかった脆弱性の76%が、公表から2年以上経過。10年以上経過している脆弱性も9%存在した。

(Security NEXT - 2015/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
クラウドセキュリティ市場、高成長を予測 - IDC Japan
2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
2020年2Qの脆弱性届出、「サイト」「ソフト」いずれも減
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査