Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、暗号スイートの適用優先度設定を改善するプログラム

マイクロソフトは、「Windows 7」以降に対して暗号スイートを利用する際の優先度を設定できるようにする更新プログラム「3042058」の提供を開始した。

同プログラムでは、システムの既定一覧に暗号スイートを追加し、適用優先度の設定を改善するもの。追加される暗号化スイートは、以下の4種類。

TLS_DHE_RSA_WITH_AES_256_GCM_SHA384
TLS_DHE_RSA_WITH_AES_128_GCM_SHA256
TLS_RSA_WITH_AES_256_GCM_SHA384
TLS_RSA_WITH_AES_128_GCM_SHA256

対象となるOSは、「Windows 7」「Windows Server 2008 R2」「Windows 8」「Windows Server 2012」「Windows 8.1」「Windows Server 2012 R2」。当初は、ダウンロードセンター経由の配布のみとなる。「Microsoft Update」などを通じた配布は、2015年第4四半期を予定している。

(Security NEXT - 2015/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
サーバ9割以上が暗号化被害、セキュ対策ソフト削除も - 鉄建建設
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
プレゼント応募者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 関西テレビ
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を