Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、暗号スイートの適用優先度設定を改善するプログラム

マイクロソフトは、「Windows 7」以降に対して暗号スイートを利用する際の優先度を設定できるようにする更新プログラム「3042058」の提供を開始した。

同プログラムでは、システムの既定一覧に暗号スイートを追加し、適用優先度の設定を改善するもの。追加される暗号化スイートは、以下の4種類。

TLS_DHE_RSA_WITH_AES_256_GCM_SHA384
TLS_DHE_RSA_WITH_AES_128_GCM_SHA256
TLS_RSA_WITH_AES_256_GCM_SHA384
TLS_RSA_WITH_AES_128_GCM_SHA256

対象となるOSは、「Windows 7」「Windows Server 2008 R2」「Windows 8」「Windows Server 2012」「Windows 8.1」「Windows Server 2012 R2」。当初は、ダウンロードセンター経由の配布のみとなる。「Microsoft Update」などを通じた配布は、2015年第4四半期を予定している。

(Security NEXT - 2015/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

元従業員の売却HDD内に業務文書、データ複製の連鎖で - ラック
管理機能を強化した個人情報検出ソフト「すみずみ君Advance」
キングジムのパスワード管理端末に脆弱性 -利用中止を
ランサム攻撃を受けたらどうする? JPCERT/CCが初動対応FAQを公開
事業吸収分割で無関係の口座情報を誤提供 - 新生銀
国立天文台職員がチリで車上荒らし被害、PCが盗難
個人情報含むパソコンを紛失、車上荒らしか - 名古屋電機工業
顔情報を暗号化したまま認証する「秘匿生体認証技術」 - NEC
クラウド運用の県森林情報管理システムがランサム被害 - 鳥取県
ランサム被害のスポーツクラブNAS、検証から情報流出なしと判断