Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネパール大地震に便乗する詐欺やマルウェア感染活動に注意を

4月25日にネパールで大規模な地震が発生し、日本人を含め多数の死者が出ている。こうした大規模災害後に便乗するサイバー犯罪者は少なくなく、注意する必要がある。

これまでも東日本大震災をはじめとする地震、台風、津波、火山噴火などの自然災害に乗じて、義援金の募集と見せかけて金銭や個人情報を騙し取ったり、ニュースに見せかけて添付ファイルを開かせ、マルウェアへ感染させるといった攻撃がたびたび確認されている。

心当たりがない災害関連のメールが届いた場合は、添付ファイルを開いたり、URLにアクセスせず、寄付などを行う場合は、信頼できる団体経由で寄付するべきだろう。

また自然災害に限らず、注目度が高い話題は、必ずと言っていいほど便乗した攻撃が行われており引き続き注意すべきだ。「飛行機事故」をはじめとする事件や事故、「エボラ出血熱」や「インフルエンザ」といった衛生事情のほか、「FIFAワールドカップ」「オリンピック」といったスポーツイベント、著名人のスキャンダルや訃報なども狙われる傾向にある。また2014年は、インターネット上で話題となった「アイスバケツチャレンジ」に便乗したケースも確認されている。

(Security NEXT - 2015/04/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ワクチン接種予約に便乗するフィッシングに注意 - どさくさまぎれにクレカ情報を要求
コロナ問題に便乗、厚労省装うフィッシング - 証明書写真など詐取
「Apple」かたるフィッシングサイト、前月比約5.4倍に
「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
鹿児島県、Instagramの偽アカウントに注意喚起 - 個人情報を詐取
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
活動再開「Emotet」、1000社以上で観測 - 発見遅らせる機能強化も
不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装