Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2015年1Qの不正アクセス件数は34件、「なりすまし」が増加

同四半期に寄せられた相談件数は3311件。前四半期の3543件から232件の減少となった。「ワンクリック請求」に関する相談が733件で、そのうちスマートフォン利用者からの相談が210件だった。

また「オンラインバンキング」関連は24件で、前期の7件から3倍超に増加。2013年末から2014年上半期にかけて70件前後で推移していたが、2014年第3四半期には約4分の1に減少。小康状態だったが再び上昇した。

これらの相談のうち、相談者のパソコンがオンラインバンキングのログイン情報を窃取する不正プログラムに感染していたケースは21件と、前期の2件から急増している。そのほか、「偽セキュリティ対策ソフト」関連の相談が96件、「ランサムウェア」関連が6件寄せられたという。

(Security NEXT - 2015/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件