Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2015年1Qの不正アクセス件数は34件、「なりすまし」が増加

2015年第1四半期は、不正アクセスにおける「なりすまし」に関する届け出が19件と、前四半期の11件から増加した。スパム送信の踏み台や、ショッピングサイトへの不正ログインによる被害が発生している。

20150427_ip_001.jpg
不正アクセスの届出件数(グラフ:IPA)

情報処理推進機構(IPA)が、2015年第1四半期の不正アクセス届出状況や相談状況をまとめたもの。同四半期に寄せられた不正アクセスの届出件数は34件で、前期の28件を上回った。そのうち28件で被害が発生している。

内訳は「なりすまし」が19件と最多で、前期の11件から増加した。次いで「侵入」が5件、「不正プログラム埋込み」が2件、「DoS」が1件。11件は原因について特定できていないという。

なりすましによる被害の内訳を見ると、「スパム送信の踏み台として悪用」が8件で最多。このほか、「ショッピングサイトの不正ログインによる商品購入」「IP電話の不正利用」「オンラインゲームのアカウント乗っ取り」が各1件だった。

(Security NEXT - 2015/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年度のPマーク事業者による個人情報関連事故は2644件
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も