Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報3000件含む帳票が所在不明 - 第一生命子会社

第一生命保険の子会社であるネオファースト生命保険において、顧客情報約3000件含む帳票が所在不明になっていることがわかった。給付金や保険金の支払いに影響はないとしている。

4月14日に、保管期限の10年間が経過した2004年度分の帳票を廃棄しようとした際、所定の保管場所に同年度および2005年度分の帳票が保管されていないことが判明したもの。同社内の捜索を行ったが発見できなかったという。

所在がわからなくなっているのは、受領した保険料を会計処理する際に使用する事務帳票。顧客約3000人分の氏名や証券番号、保険料の仮受金の残高などが記載されていた。

同社では、帳票は保管期限前に誤って廃棄した可能性が高いとしており、不正利用の報告も確認されていない。また給付金や保険金の支払いに影響はないとしている。

(Security NEXT - 2015/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マイナンバー含む共済金の支払調書データを誤廃棄 - JA福井県
介護保険料納入通知書を誤送付、委託先が封入ミス - 笠間市
健診データ送付時に他事業所データを混入 - 報道健保
被保険者情報を無関係の自治体へ誤送信 - 北海道国民健康保険団体連合会
紛失や誤送付など個人情報関連事故2件を公表 - 八千代市
保険契約者の個人情報含む資料を紛失 - 日生グループの保険代理店
4月から5月の個人情報関連ミスは9件 - 大阪市
個人情報含む書類が風で飛散、一部未回収の可能性 - 済生会富山病院
マッチングアプリ「Omiai」の会員情報171万件が流出した可能性
調剤済み処方箋や調剤録が所在不明 - 松戸市の調剤薬局