Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィルタリング製品が不正なルート証明書を使用 - 秘密鍵が漏洩

Content Watchが提供するフィルタリングソフトの「Net Nanny」が、問題あるルート証明書を端末内にインストールすることがわかったとして、セキュリティ機関が注意を喚起した。不正なサイトを信頼したり、暗号化通信が盗聴されるおそれがある。

同製品は、通信を中継するプロクシとルート証明書を端末内にインストールするが、製品で共通の秘密鍵とルート証明書を使用。くわえて秘密鍵はソフト内部に平文で保存されており、取り出すことが可能だという。

同製品利用者は、この秘密鍵によって作成された自己署名証明書によるHTTPS通信を信頼してしまうため、フィッシングサイトに用いられたり、暗号化通信の盗聴などに悪用されるおそれがある。

セキュリティ機関は、「同7.2.4.2」において脆弱性を確認しており、他バージョンも影響を受けるおそれがあると指摘。

4月21日の段階で対策はわかっておらず、セキュリティ機関は、同製品においてSSLフィルタリングを無効にした上で、証明書ストアから問題の証明書を削除したり、同製品そのものをアンインストールするなど、回避策をアナウンスしている。

(Security NEXT - 2015/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Sophos製のセカンドオピニオン用マルウェア駆除ソフトに脆弱性
ジュニパー、10月の月例更新で脆弱性71件に対処 - 深刻な脆弱性も
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 10月初旬の更新で修正済み
Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
SAP、月例パッチ13件をリリース - 重要度がもっとも高い「HotNews」は2件
「QVR」が稼働するQNAP製NASにRCEの脆弱性が判明
VMware、「vRO」など複数製品の脆弱性を修正
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 修正パッチが公開
MS、10月の月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ脆弱性1件含む74件を解消
Google、「Chrome 94.0.4606.81」を公開 - 脆弱性4件を修正