Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノンITS、WAF「SiteGuard」の取扱を開始

キヤノンITソリューションズは、ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)である「SiteGuard」について取り扱いを開始した。

同製品は、ジェイピー・セキュアが開発する国産のWAF製品。定義ファイルを用いてウェブアプリケーションの脆弱性に対する攻撃を防御することが可能で、シグネチャは自動更新できる。

1ライセンスあたりの価格は、ホスト型の「SiteGuard Lite」が27万2160円。ゲートウェイ型の「SiteGuard」が192万2400円。別途更新が必要。

(Security NEXT - 2015/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ちばシティポイント」参加者のアカウント情報などが外部流出の可能性 - 千葉市
「Apache HTTP Server」のゼロデイ脆弱性、国内でも攻撃を観測
攻撃者狙う脆弱な「VPN」、導入や堅牢化のガイダンスを米政府が公開
クラウド型WAF「Scutum」の「アノマリ検知」を強化 - SST
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure
ジオコードの企業サイトが改ざん被害 - 顧客情報流出は否定
ファイル送受信機器にゼロデイ攻撃、情報流出の可能性 - 内閣府
SonicWall、VPN製品のゼロデイ脆弱性に対処 - 早急に更新を
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
情報流出を狙った攻撃が5割超 - 脆弱性探索も