Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通、仮想環境における生体認証を強化

富士通は、統合認証ソフト「FUJITSU Security Solution SMARTACCESS」における生体認証機能を強化した。

同製品は、生体認証やICカードなど、さまざまな要素を用いた認証を実現にするソフトウェア。従来、生体認証による仮想環境へのアクセスへ対応していたが、今回あらたに「SMARTACCESS/Virtual V1.0L10」を追加することで、仮想環境上で動作するWindowsや業務システムへのログオンを実現した。

具体的には、「VMware Horizon(with View)」「Citrix XenDesktop」「Citrix XenApp」など仮想環境上にある業務システムに、手のひら静脈認証または指紋認証でログオンが可能となる。

また複数システムに対するシングルサインオンが可能なほか、専用サーバ「Secure Login Box」との連携により、システム設定情報や認証情報を一括管理に対応する。価格は、1ライセンス1万6200円から。

(Security NEXT - 2015/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻撃ルートや対策効果を可視化するサービス - NEC
脆弱性管理に対応した監視仮想アプライアンス
クラウド型のウェブ閲覧環境分離サービス - 高リスクサイトだけの利用も
防御演習「CYDERオンライン」ベータ版受講者を募集 - NICT
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック
仮想環境向けセキュリティ対策製品を機能強化 - カスペ
マルチクラウド対応の集中管理製品「FireEye Cloudvisory」
DDoS対策専用の仮想アプライアンスを提供 - A10
テレワーク需要に「F5 APM」入りHCIを展開 - TED