Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通、新ファンド設立 - セキュリティはじめイノベーション分野に投資

富士通は、ビジネスイノベーション分野のコーポレートベンチャーファンドを設立した。

今回のファンド設立は、同社のイノベーション分野におけるビジネス強化に向けた戦略の一環。同社では、コーポレートベンチャーファンドを2006年に設立し、国内外の数十社と協業してきたが、あらたに新ファンドを50億円で設立し、国内外のベンチャー企業と協業を加速させる。

ファンドの運用期間は10年。おもな投資領域は、クラウド、モバイル、ビッグデータといったビジネスイノベーション分野と、交通、医療、生活産業、食・農業、エネルギー、教育、環境などのソーシャルイノベーション分野としている。

また同社では、社内ベンチャー制度についても充実を図るとしており、今回設立したファンドからも出資を行う予定。

(Security NEXT - 2015/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アフターコロナ、テレワーク中心を望む声は約2割 - デル調査
偽ECサイトの通報件数が増加 - マッチングアプリやSNSで異性から勧められたケースも
「スマートシティセキュリティガイドライン」1年待たず改定
益茂証券で個人情報流出の可能性 - サイト管理事業者が認証機能を誤って無効化
退職者のメールアカウントがスパムの踏み台に - 大阪メトロサービス
2025年のセキュリティサービス市場は1兆円超に - IDC予測
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
「Salesforce」設定不備で顧客情報に外部アクセス - 静岡銀
不動産投資クラウドファンディングの事前登録者メアドが流出
3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査