Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

全国古民家再生協会のサイトが改ざん - 閲覧でマルウェア感染のおそれ

古民家の再生や保護に関する事業を展開する全国古民家再生協会のウェブサイトが、不正アクセスにより改ざんされていたことがわかった。

不正アクセスによるサイト改ざんは、3月15日から18日にかけて発生。期間中に同協会のサイトへアクセスした場合、不正サイトに誘導され、マルウェアに感染するおそれがあった。個人情報に関しては、改ざんされたサーバとは別のサーバで取り扱っているとして、今回の不正アクセスによる外部流出の可能性については否定している。

同協会では一時的にサイトを停止して修正を行い、安全を確認したうえで20日に再開した。心当たりがある利用者へ、セキュリティ対策ソフトを用いて、マルウェアへ感染していないか確認するようアナウンスしている。

(Security NEXT - 2015/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通販サイト「ゆとりの空間」、クレカ情報も被害
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
改ざんで「偽reCAPTCHA」表示、外部サイトへ誘導 - ゲーム情報サイト
白泉社でサイト改ざん、悪意ある外部サイトへ誘導
カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
複数の釣り具通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か
凸版印刷とNICT、「耐量子 - 公開鍵暗号」の技術確立で共同研究
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
通販サイト「ゆとりの空間」、パスワード含む個人情報が流出か