Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱東京UFJ、ネットバンク利用者にカード型トークン

三菱東京UFJ銀行は、個人向けオンラインバンキング「三菱東京UFJダイレクト」の利用者に、ワンタイムパスワードを生成するカード型トークンを3月15日より提供開始する。

同行ではすでに、ワンタイムパスワードを生成するスマートフォン向けアプリを提供してきたが、スマートフォンを利用しない場合も、ワンタイムパスワードを利用できるよう、カードトークンを提供するという。

カードでは、1度限り有効な6桁の数字で構成されたワンタイムパスワードを表示。オンラインバンキングで振込みや各種料金の払込み、住所や連絡先、利用限度額の変更などを行う際に認証することで、第三者による不正送金のリスクを低減する。料金は無料。ただし、再発行時には手数料が必要となる。

(Security NEXT - 2015/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング報告、2カ月連続で3万件超 - URL件数も高水準
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
口座連携決済サービスの約4割で不正出金 - 被害口座9割が単要素認証で連携
不正送金被害が大幅減 - 被害額は前四半期の半数以下に
2020年2Q、不正送金被害額が約1.7倍に拡大
道銀を装ったフィッシングに注意 - 金銭被害の報告も
三菱UFJ銀のネットバンク装うフィッシングに注意
ワークマンの偽サイトに注意 - 格安価格などで誘導か
キャッシュレス決済連携でガイドライン - 全銀協
数十以上の金融機関にDDoS攻撃か - ダークネットで応答パケット観測