Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約6000件の「児童医療費台帳データ」が所在不明に - 上三川町

栃木県河内郡上三川町は、児童医療費助成に関連する個人情報が保存されたCD-Rを、委託事業者が紛失したことを明らかにした。

同町が1月29日に委託先へ預けたCD-Rが、所在不明となっているもの。2月5日に委託先から社内で紛失した可能性があるとの報告を受けたという。

同CD-Rには、個人情報5912件を含む「児童医療費台帳データ」が保存されていた。医療費助成対象となる児童の氏名や性別、保護者の氏名、住所、口座番号などを含まれる。医療データの記載はなかった。

委託先では、不正持ち出しの可能性も否定できないとしつつも、社内で誤って廃棄した可能性が高いと報告。報告を受けた同町でも、不正利用に関する報告や問い合わせは、確認されていないことを理由に漏洩の可能性は低いと説明している。

(Security NEXT - 2015/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
避難行動要支援者台帳に別人の個人情報 - 鹿島市
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
患者情報扱うPCが所在不明、店舗リフォーム時に誤廃棄か - 調剤薬局
保守端末に不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 日本医療研究開発機構
生活保護受給者の複数記録簿が所在不明 - 八尾市
新型コロナ陽性者2515人の関連情報を誤掲載 - 川崎市
鍼灸や医療など複数運営通販サイトで情報流出 - メイプル
介護保険被保険者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 播磨町
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市