Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

9割が「セキュリティ対策に自信」 - しかし6割はパッチ未適用

企業の90%が自社のセキュリティ対策に「自信がある」としながらも、60%がパッチ未適用で、56%が4年以上前の「OpenSSL」を使用しているなど、認識と現実にギャップがあることがわかった。

米Cisco Systemsの年次セキュリティレポート「Cisco 2015 Annual Security Report」で明らかにしたもの。日本を含む世界9カ国1700社の情報セキュリティ最高責任者やセキュリティ部門担当役員を対象に調査を実施した。

回答企業の90%が自社のセキュリティ対策に自信を持っており、75%が自社のセキュリティ対策ツールを非常に効果的と考えていることがわかった。

その一方で、60%がセキュリティパッチを適用しておらず、56%が4年以上前のバージョンのOpenSSLを使い続けていることが判明。また最新バージョンの「Internet Explorer」を使用しているのは10%にとどまった。

(Security NEXT - 2015/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ事件の認知度、1位はドコモ口座の不正出金
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
情報流出を狙った攻撃が5割超 - 脆弱性探索も
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件
「TCP 445番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に