Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPCERT/CCとNISC、パートナーシップを締結 - 情報共有を推進

JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)と内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は、サイバーセキュリティ対策の推進に向けてパートナーシップを締結した。

今回のパートナーシップ締結は、国際連携活動や情報共有における両者の協力体制を強化することで、日本のサイバーセキュリティ対策を推進するもの。

具体的には、両者が保有するサイバーセキュリティに関する情報の共有と相互活用を進めるとともに、国際的なセキュリティインシデントが発生した場合の対応において、日本の窓口となるCSIRTの体制整備に関して協力関係を強化する。

これまで実施しているインシデント対応の調整依頼、関係情報の提供などの業務は従来と同様で、今回のパートナーシップの締結による変更などはないとしている。

(Security NEXT - 2015/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
フィッシング対策で行政機関へ意見 - 消費者委
政府がサイバー演習、重要インフラ14分野が参加 - テレワーク環境からも
NISC、「SolarWinds Orion Platform」の脆弱性で注意喚起
保守端末に不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 日本医療研究開発機構
運用監視サービスに不正アクセス、顧客情報流出は確認されず - 日立システムズ
政府、サイバーセキュリティ協議会の第4期構成員を募集
政府、「サイバーセキュリティ月間」の関連行事を募集
ランサム被害拡大で重要インフラ事業者に注意喚起 - NISC