Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPCERT/CCとNISC、パートナーシップを締結 - 情報共有を推進

JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)と内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は、サイバーセキュリティ対策の推進に向けてパートナーシップを締結した。

今回のパートナーシップ締結は、国際連携活動や情報共有における両者の協力体制を強化することで、日本のサイバーセキュリティ対策を推進するもの。

具体的には、両者が保有するサイバーセキュリティに関する情報の共有と相互活用を進めるとともに、国際的なセキュリティインシデントが発生した場合の対応において、日本の窓口となるCSIRTの体制整備に関して協力関係を強化する。

これまで実施しているインシデント対応の調整依頼、関係情報の提供などの業務は従来と同様で、今回のパートナーシップの締結による変更などはないとしている。

(Security NEXT - 2015/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
政府受託調査で個人情報含むメディアなど紛失 - アジア航測
引き続き北朝鮮の標的となる暗号資産 - 個人法人で対策必須
「JAPANSecuritySummit 2022」、10月24日よりオンデマンドで開催
「Security Days Fall 2022」を10月にリアル開催 - 配信なし
匿名加工用の医療データDBに本人通知なく取得したデータ - プログラムミスで
「e-Gov」の障害原因が明らかに - 攻撃元など非公表
4省庁23サイトで障害、DDoS攻撃が原因か - 民間サイトでも障害
夏季休暇に向けてセキュリティの再確認を - 盆休み直前の月例パッチにも注意
NPO法人職員の個人情報を内閣府サイト上で誤公開 - 奈良県