Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生の個人情報入りUSBメモリを出張先で紛失 - 大阪市立大

大阪市立大学は、教員が出張先のマレーシアにおいて、学生39人分の個人情報を保存したUSBメモリを紛失したと発表した。

同大学によれば、現地時間の1月27日21時45分ごろ、USBメモリを入れていたポーチがなくなっていることに気付いたという。ポーチは、パスポートや航空機の搭乗券なども入れていたもので、ズボンのポケットに入れていた。

USBメモリには、教員が2009年に担当した講義を受講した学生39人の氏名や学籍番号、成績データなどのべ62件を保存。データにはパスワードが設定されているとしている。同大学では、対象となる学生に説明と謝罪を行う方針。

(Security NEXT - 2015/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

全卒論が外部から閲覧可能に、設定ミスで - 新潟国際情報大
患者情報含むPCが駐輪場で盗難、防犯カメラで判明 - 京都府立医科大付属病院
学内宿泊施設予約システムに不正アクセス、利用者情報が流出 - 阪大
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
クラファン支援者の個人情報が閲覧可能に - 関東大学バレーボール連盟
メール誤送信で大学祭グッズ申込者のメアド流出 - 上智短大
SFCへ不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 慶大
職員端末が「Emotet」感染、診療系システムには影響なし - 関西医科大
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
就職相談予約した学生情報が閲覧可能に - 九大