Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「信書送付リスクある」としてメール便を3月末で廃止へ - ヤマト運輸

ヤマト運輸は、メール便サービスを3月31日の受付をもって終了すると発表した。誤って信書を送付してしまうリスクがあることを理由に挙げている。

同社では企業からのダイレクトメールやカタログ送付などに利用できる「メール便」サービスを提供しており、宅配便などより安価な価格設定から広く利用されている。一方で、利用者が信書を誤って送付して郵便法違反に問われ、同社や顧客が取り調べを受けたり書類送検されるケースが発生しているという。

同社は、これまでも注意喚起や、「信書」の定義や罰則の廃止、郵便法違反の判断基準の変更、など訴えてきたが、信書の規制改革は進んでおらず、顧客のリスクを防ぐことができない状態に置かれているとして、メール便の廃止を決めたとしている。

同社では法人向けに4月1日より「クロネコDM便」を提供するなど、あらたなサービスを用意することで対応していく。

(Security NEXT - 2015/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校の体験入学申込用フォームで設定ミス - 静岡県
イベント参加申込者への案内メールで誤送信 - 長居公園指定管理事業者
通販サイトの会員情報含むHDDを第三者が入手 - バンナムグループ会社
従業員のメールアカウントに不正アクセス - 日経BP
申込用に公開した表計算ファイルに個人情報 - 都立豊島病院
転職支援サイトに不正アクセス - 海外サイトに会員情報
同門会向けメール2件で誤送信が発生 - 敦賀市立看護大
「WordPress」向けプラグイン「Icegram Express」に脆弱性 - すでに攻撃も
2023年の悪質ECサイト通報件数、前年比1.6倍 - JC3レポート
バイト情報サイトから登録者情報が流出 - 転得したとの人物から連絡も