Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

朝日新聞のPC17台がマルウェア感染 - 11月より情報流出か

朝日新聞において、社内にある複数台のパソコンがマルウェアに感染し、社内のデータなどが外部へ流出していたことがわかった。

パソコンが外部サーバと不審な通信を行っていることが1月9日に判明。13日にネットワークから切り離して調査したところ、内部のパソコン17台がマルウェアに感染していることを確認。感染したのは、外部からの指令により情報を盗み出すマルウェアだったという。

情報流出は2014年11月下旬から始まり、社内外でやりとりしたメールや、作成した文書などの一部だと見られている。同社では警察に被害届を提出。感染経路や被害状況について調査を行っている。

(Security NEXT - 2015/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
公共事業受託事業者のランサム被害、流出範囲特定で難航か
大学生応援飲食券のアンケートメールで誤送信 - 美浜町
愛知県、コロナ患者情報誤公開で懲戒処分 - 作成から公開まで1人で担当
コロナ患者の個人情報が風に飛ばされ紛失 - 神奈川県
委託先サーバがランサム感染、被害範囲を調査中 - 茨木市
個人情報含むメールを誤って別の事業者に送信 - 東京都
委託先でランサムウェア感染、情報流出の可能性 - 千葉県芝山町