Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3人に1人はほとんどのサービスでパスワードを使い回し

ウェブサービスなどで利用するパスワードについて、3人に1人が同じあるいはほとんど同じパスワードを設定していることがわかった。

2014年10月27日から12月22日にかけて、エムオーテックスがウェブサービスの利用やパスワード管理に関する調査を実施し、結果を取りまとめたもの。10代から60代までの男女150人から回答を得た。

ウェブメールやSNS、ECサイトなど複数のウェブサービスを利用していると回答した115人に対し、パスワードに関して尋ねたところ、「すべて違うパスワードにしている」と回答したのは14%。「重要なサイトは違うパスワードにしている」は21%だった。「一部違うパスワードにしている」との回答が45%ともっとも多い。

一方で、ほとんど同じパスワードを設定しているとの回答が32%にのぼり、さらに2%ながら、すべて同じパスワードを設定しているとの回答もあったという。

(Security NEXT - 2015/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
テレワークのセキュ課題、投資増とガバナンス - IPA調査
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避