Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア感染で取引先担当者の個人情報が流出 - 伊藤忠商事

伊藤忠商事は、従業員のパソコン1台がマルウェアに感染し、保存していた取引先の担当者に関する個人情報が外部へ流出したことを明らかにした。さらに別のパソコンで、不正アクセスを受けた痕跡も見つかっているという。

同社によれば、送信元を偽装した「なりすましメール」が原因で、従業員のパソコン1台がマルウェアに感染。取引先311社の担当者約400人の氏名やメールアドレスが流出したことが、2014年12月26日に判明した。同社では、対象となる取引先に謝罪を行っている。

また同月29日、マルウェアに感染したのとは別のパソコンにおいて、外部から不正アクセスを受けた痕跡が確認されたという。同社では対象となる端末をネットワークから隔離して、調査を行っている。

(Security NEXT - 2015/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

三菱電機への不正アクセス、中国子会社での窃取情報を起点に攻撃展開
INPIT委託先で「Emotet」感染 - 使用許可取消後のテレワーク端末で
PC2台に不正アクセス、マルウェア感染も - 日本通運
個人情報含むファイルをVirusTotalに誤送信 - 北陸先端大
Peatix情報流出、販売サイトへのリスト追加から発覚 - 侵害手法は未特定
PC2台が「Emotet」感染、顧客情報含むメールが流出 - ひらまつ
職員端末が「Emotet」感染、診療系システムには影響なし - 関西医科大
端末36台が「Emotet」感染 - 三協フロンテア
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー