Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

同一詐欺グループで7万件のドメイン取得 - 正規サイト改ざんでSEO

iPhoneのアクセサリー以外にも、サングラスやファッションブランド、自転車用品、ゴルフ用品など、多種多様にわたる商材を用いて詐欺サイトを設置していた。

さらに詐欺サイトへ効率的に誘導するため、オーストラリアの政府機関が利用するドメイン「.gov.au」をはじめ、信頼がある正規サイトを改ざんするといったサイバー攻撃もしかけており、検索エンジンでユーザーからの目にとまるよう、SEOの効果を高めていたという。

クリスマスシーズンや年末年始を迎えるにあたり、政府や関連団体、セキュリティベンダーでは、詐欺サイトへの警戒を強めており、繰り返し注意喚起を行っている。

詐欺サイトでは、消費者の金銭や個人情報が騙し取られるだけでなく、企業にとっても知らない間にブランドが悪用され、トラブルに発展するケースも発生している。引き続き注意が必要な状況だ。

(Security NEXT - 2014/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

徳島県、委託先から個人情報約14.5万件が流出 - 削除報告受けるもデータ残存
政府、大規模SNS事業者に「偽広告」への対応強化を要請
教員がサポート詐欺被害、個人情報に攻撃者がアクセス - 熊取町
フィッシング対策協議会、「フィッシング対策ガイドライン」を改訂
先週注目された記事(2024年5月26日〜2024年6月1日)
実際に確認された巧妙な「ビジネスメール詐欺」 - IPAが事例集
ドコモメールになりすまし警告機能 - 「DMARC」未導入も対象
無許可の患者情報持ち出し、サポート詐欺被害から発覚 - 近大病院
サポート詐欺被害で情報流出の可能性 - 高齢・障害・求職者雇用支援機構
まもなくGW - 長期休暇に備えてセキュリティ対策の再確認を