Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

同一詐欺グループで7万件のドメイン取得 - 正規サイト改ざんでSEO

金銭や個人情報を騙し取る詐欺サイトを作成するため、同一のサイバー犯罪者によって約7万件のドメインが取得されている実態が明らかになった。

トレンドマイクロによれば、同社が確認した詐欺サイトのドメイン登録時に用いられたメールアドレスを手がかりに、同じメールアドレスが他ドメインの登録に用いられていないか調査を行ったところ、多数ドメインを取得していることが判明したもの。

最近では、セキュリティベンダーなどへの発覚をおそれ、申請時に異なる登録情報を用いるなど巧妙化が進んでいるが、今回のケースでは、同じメールアドレスで6万9079件のドメインを取得しており、同社が知る限り今回のような大量取得は前例がないという。

調査のきっかけとなったサイトは、Appleの人気スマートフォン「iPhone」のアクセサリー販売を装った詐欺サイト。12月10日以降アクセス数が急増しており、日本国内から少なくとも6000人以上が誘導されていたという。

悪用されたドメインは、2014年4月2日に登録更新が行われた記録が残存しており、それ以前より詐欺サイトの準備が進められていた可能性がある。

(Security NEXT - 2014/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング対策協議会、「フィッシング対策ガイドライン」を改訂
先週注目された記事(2024年5月26日〜2024年6月1日)
実際に確認された巧妙な「ビジネスメール詐欺」 - IPAが事例集
ドコモメールになりすまし警告機能 - 「DMARC」未導入も対象
無許可の患者情報持ち出し、サポート詐欺被害から発覚 - 近大病院
サポート詐欺被害で情報流出の可能性 - 高齢・障害・求職者雇用支援機構
まもなくGW - 長期休暇に備えてセキュリティ対策の再確認を
「サポート詐欺」で1000万円の被害 - ネット銀を遠隔操作
2024年1Qのセキュ相談、「サポート詐欺」「不正ログイン」が過去最多
セキュリティ相談、前四半期比46.9%増 - 「偽警告」が倍増