Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米HP、経営幹部向けのセキュリティ対策支援ツールを提供

米Hewlett-Packardは、組織におけるセキュリティ対策レベルを把握できる無料ツールを公開した。

同ツールは、組織が抱えるセキュリティリスクやセキュリティ対策レベルを把握できる経営幹部向けオンラインサービス。

300社のグローバル企業がどのようなサイバー攻撃対策を採用しているか調査した結果や、セキュリティ対策に関する質問に回答し、同業他社と回答を比較することで自社の対策レベルを評価できるツールを提供する。

このほか、経営幹部がセキュリティ対策計画を作成、導入する際に役立つオンラインセミナーも実施する。

(Security NEXT - 2014/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
「ウイルスバスタークラウド」に任意のファイルが削除できる脆弱性
西都市のウェブサイトがランサム被害 - 個人情報流出の可能性
米政府、医療分野を標的としたランサムウェアに注意喚起 - DNSで通信して検知回避
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
MS、脆弱性「Zerologon」について再度注意喚起 - まずはパッチ適用を、対処FAQも更新
監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開