Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米HP、経営幹部向けのセキュリティ対策支援ツールを提供

米Hewlett-Packardは、組織におけるセキュリティ対策レベルを把握できる無料ツールを公開した。

同ツールは、組織が抱えるセキュリティリスクやセキュリティ対策レベルを把握できる経営幹部向けオンラインサービス。

300社のグローバル企業がどのようなサイバー攻撃対策を採用しているか調査した結果や、セキュリティ対策に関する質問に回答し、同業他社と回答を比較することで自社の対策レベルを評価できるツールを提供する。

このほか、経営幹部がセキュリティ対策計画を作成、導入する際に役立つオンラインセミナーも実施する。

(Security NEXT - 2014/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃者視点で学ぶ「OTシステムハッキング」のトレーニングサービス
MS、定例外で「Windows 10 Update Assistant」の脆弱性を修正
インシデント対応体制を評価する新サービス - サイバーリーズン
「RDP」に対するブルートフォース攻撃が倍増 - ESETレポート
「LIQUID eKYC」、「収入証明書」や「健康診断書」の撮影に対応
個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
Sophos製のセカンドオピニオン用マルウェア駆除ソフトに脆弱性
「FFRI yarai」に新版、ログの収集機能を強化 - FFRI
ウェブアプリ開発プロセスでの利用を想定した脆弱性検査サービス
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開