Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Dropbox」のファイルリンクに危険なワナ - 引き続き注意を

クラウドストレージサービスの便利なサービスは、マルウェアをばらまくサイバー犯罪者にとっても便利な機能として用いられている。「Dropbox」経由でマルウェアが配布されるケースもたびたび確認されており、注意が必要だ。

韓国のアンラボは、Dropboxの「ファイルリンク機能」を悪用し、マルウェアを配布する攻撃を確認した。ブログなどに「人気ゲーム」「ユーティリティ」などとしてダウンロード用のURLを掲載する手口だった。

配布されているファイルはマルウェアで、感染すると外部サーバに接続。個人情報を窃取したり、別のマルウェアをダウンロードするなど、悪質なものだった。

マルウェアの拡散にDropboxが悪用されたケースは、これまでも確認されている。

シマンテックは、2012年にDropboxが実質上、無料のホスティングサイトとしてスパマーに悪用されている状況を指摘している。Dropboxが備えるURL短縮サービスもスパム送信者に好まれる理由で、わずか2日間に1200 件ユニークなURLを確認した。

また2014年6月には、インターネットバンキングのアカウントを盗み、不正送金の原因となる「Zeus」の感染拡大に悪用された。

攻撃を確認したトレンドマイクロによれば、スパムメールにURLを記載し、マルウェア「UPATRE」の亜種を拡散する手口で、同マルウェアを通じて「Zeus」に感染させていた。インターネットファックスやオンラインバンキング、Skypeなど著名企業からの連絡メールを装い、リンク先としてDropboxのリンクを用いていたという。

マルウェアの配布などに利用されたアカウントは、セキュリティベンダーによって報告され、停止に追い込まれているが、引き続き同様の攻撃が発生する可能性もあり、注意が必要だ。

またこうした攻撃に利用するため、Dropboxのアカウントが狙われる可能性もある。犯罪者に乗っ取られないよう、パスワードの使い回しを避けたり、ワンタイムパスワードを活用するといった対策も正規利用者に求められる。

(Security NEXT - 2014/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマホ利用者2割がセキュリティに不安 - MMD調査
米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
ニップン、決算提出期限を延長申請 - 約9割のシステムに被害、帳票処理が手作業に
「RDP」に対するブルートフォース攻撃が倍増 - ESETレポート
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
HTTPS通信の脅威遮断、前年比3.1倍に - 約9割がマルウェア
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
広く活用されるnpmパッケージ「UAParser.js」にマルウェア混入
不正アクセスで約57万件の迷惑メール送信 - 群大
個別の脅威調査に応じるチケット制サービス - カスペルスキー